講談社 コミックプラス

掲載中作品

小説の神様

小説の神様

売れない高校生小説家・千谷一也。なかなか新作が出せずにいる彼のところに現れたのは、「小説の神様が見える」と豪語する同い年の人気作家・小余綾詩凪で!? 早くも実写映画化決定!! 物語を愛するすべての人に捧げる、不器用で美しい青春新連載、一挙2話103P!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作者プロフィール
相沢沙呼 手名町紗帆(アイザワサコ テナマチサホ)
和歌山県出身。第32回グランドチャレンジにおいて『夜鷹と六等星』で佳作を受賞。今作で連載デビューとなる。

ページトップ