講談社 コミックプラス

編集部ニュース

2015年04月17日

『虚構推理』アニメになるか聞いてみました!

「マガジンR」第1号、4月20日(月)に発売となりました!

『虚構推理』は巻頭カラーを飾っています。今回は、発売前のこぼれ話を少々ご紹介します。

【登場人物】

O川 :『虚構推理』の担当編集

Rチ :「マガジンR」のチーフ

F川 :「マガジンR」のライツ担当


 

O川 :『虚構推理』の原稿できました。チェックお願いします、Rチーフ!

Rチ :うん、いい出来だね。(本来はもっといろいろ意見もらっていますが、長いので割愛)

    これは、ぜひアニメにしたいね。

O川 :そうですよね! 原作の城平京先生は『絶園のテンペスト』も『スパイラル』にアニメになってますし、
    『虚構推理』もやりたいですねー。
    よし、チーフのお墨付きももらえたし、本当にアニメにできそうか、ライツ担当(※)に聞いてみるか。
    (※ライツ担当…アニメ化や実写化など、映像化の企画を推し進めてくれる神様のような人)

 


 

O川 :すみませーん、突然なんですが、この作品ってアニメにできると思いますか?

F川 :本当に突然ですね‥‥まあ見せてください。

F川 :ほう、「美少女×怪異×バトル」か‥‥美味しい要素が3つ揃ってますね。

    それに、主人公2人がかなりパンチが利いてて、いい味出してる。

O川 :でしょでしょ! で、どうなんですか? アニメ会社の方々注目してくれそうですか!?

F川 :そうですね‥‥九郎(イラスト左の男の子)が妖からどう見えているのかとか、

    琴子(イラスト右の女の子)の義眼の表現とか、妖バトルとか、

    映像で動く2人が早く見たい!と思ってもらえる作品だと思います。

F川 :ちなみに、個人的には、アンニュイな印象なのにストレートな恋愛表現をする琴子ちゃんに恋しそうです(笑)

O川 :F川さん、幼女趣味があったんですか‥‥

    ※注)琴子は17歳だけど、中学生にしか見えない容姿をしてます。

F川 :いや、そんな趣味ないから!!!! 周りの人が白い目でこっち見てるから!!!!

O川 :それは置いといて、ってことは[可能性大]ということですよね! じゃあ猛プッシュお願いします!!

     さっそくRチーフに報告してきますね!

F川 :プッシュはもちろんするけど、誤解といてから帰ってくれ‥‥

 


 

O川 :Rチーフ行ってきました! 『虚構推理』アニメになる可能性大みたいです。

Rチ :え、マジで!? でもそんな「マガジンR」発売前に分かるものなの‥‥?

O川 :はい、だって神様(F川さん)がそう言ってましたよ。

Rチ :よし! それなら「マガジンR」2号目は『虚構推理』を表紙にして、ドンと盛り上げていくか!!

O川 :わーい、やったー。表紙だ、表紙だー。


 

―――という経緯があり、2号目の表紙が『虚構推理』に決まりました。ご期待ください!




<※一部、事実よりも大げさに表現されている箇所がございます。ご了承ください。>



ページトップ